公共施設マネジメントセミナー
主催 :東洋大学  潟tァインコラボレート研究所 鞄本経済研究所
後援 :総務省  財団法人地域総合整備財団<ふるさと財団>
●セミナー
  開催趣旨
 地方公共団体においては、厳しい財政状況が続く中、高度経済成長時代に集中投資された公共施設の老朽化が進展しており、施設の安全性やサービス水準の維持に大きな懸念がもたれている他、今後の更新・修繕に対する財政負担の増大が予想されているところです。
 一方で、市民ニーズの多様化、少子高齢化等、公共サービス需要の変化への対応に加え、災害時の避難場所確保や復興計画の策定も視野に入れますと、将来の更新投資予測を含む、公共施設の実態把握と分析、改善策の策定と実施といった「公共施設マネジメント」の重要性が高まっています。
 本セミナーは地方公共団体の皆さまにこうした「公共施設マネジメント」に関する最新の研究成果と実践例をご紹介するものです。
 学校、公営住宅、公民館、図書館、文化ホール、庁舎など、私たちの身の回りには多くの公共施設があります。施設が大きいほど、多いほど豊かだと思う、そうした住民の要望が施設を拡大してきました。そうした公共施設が建築後数十年経過して老朽化し、このままでは損壊しかねませんが、税収が低迷し扶助費の支出が増加する中で、財政的に全てを建替える余裕はありません。同程度の人口規模の自治体間でも、市民一人当たりの公共施設面積は数倍以上の開きがあります(東洋大学調べ)が、建替えに必要な金額の3〜4割しか財源がないと試算される自治体も続出しています。もはや、以前と同じ施設を以前と同じような方法で建て替えていくことは不可能です。この日本全国共通の課題に自治体はどう取り組むべきでしょうか。建設、不動産、コンサル、金融、サービス、商社などの民間企業はどう貢献すべきでしょうか。市民はどう考えるべきでしょうか。
●開催日時

2012年2月16日(木) 14:00 〜 16:50 (受付開始13:40)

●定   員

150名(お申込みが定員になり次第、締め切らせて頂きます。あらかじめご了承願います。)

●参加費用

無料

●開講場所

TKP大阪淀屋橋カンファレンスセンター


大阪府大阪市北区中之島2-2-2大阪中之島ビルB1(旧ニチメンビル)/ TEL 06(4797)6610
    ・地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅より徒歩3分

    ・地下鉄四つ橋線 肥後橋駅より徒歩3分

    ・京阪中之島線   大江橋駅より徒歩20秒                

                                                                    ■会場案内図

●セミナー概要

14:00   開会

14:05   "朽ちるインフラ"と3階層マネジメント法〜大阪市民の負担は政令市中最大〜
       東洋大学PPP研究センター長 根本 祐二

14:40   「公共施設及びインフラ資産の更新に係る費用を簡便に推計する方法(試算ソフト)」について
       総務省自治財政局財務調査課 理事官 後藤 友宏

15:10   休憩(10分)

15:20   公共施設更新に向けたマネジメントファイナンス手法
       日本政策投資銀行 地域企画部長 小川 浩昭

 

15:50   公共施設マネジメント白書〜簡易ソフトによる自治体間比較等〜
        ファインコラボレート研究所 代表取締役 望月 伸一

16:35   質疑応答(15分)

16:50   閉会

                                           

                                                                    ■詳    細

●お問合せ

公共施設マネジメントセミナー事務局                           個人情報保護方針
〒107-0051東京都港区元赤坂1-1-15ニュートヨビル3階 TEL:03-5775-3720
お問合せ seminar@faine.jp

終了しました。ありがとうございました。